フリーランスの肩こり対策

会社員でもフリーランスでも方は凝るのですが、パソコンに向かっている時間の長いフリーランスは肩こりに悩んでいるかもしれません。


会社員であればミーティングやその他の作業もあるのでパソコンにずっと向き合っているわけではないでしょうが、フリーランスはそうではないです。

人にもよるのですが、一日の大半をパソコンの前で過ごす人も珍しくないでしょう。そして、その間はタイピングしている場合が多いので、肩がとんでもなく凝ります。肩こりの原因は肩の筋肉痛です。

厳密には筋が凝り固まっていると言ったりもするのですが、要するに筋肉痛です。それも負荷の強い筋トレをしたときのものというよりは、マラソンをしたときのような感じのものです。


遅筋が筋肉痛になっています。なので、健康的な状態であれば肩こりに強くなります。

単純に肩の遅筋が発達するので、同じ負荷では凝りにくくなっていくのです。
しかし、タイピングは速く打った際には速筋繊維の要素もあります。

Yahoo!知恵袋の情報をお知らせします。

そしてこれも馬鹿にならない量の負荷が掛っています。



タイピングに必要な筋肉はタイピングでついていくのですが、筋トレで補うことも可能です。



肩のところの僧帽筋を鍛えることで特に肩こりに強くなれます。
具体的な方法としては、腕を広げた腕立て伏せが効率的で簡単な鍛え方です。筋力の弱い人であれば膝をついてやっても良いでしょう。しかし、膝をつかなければできない筋力であるならば、当然肩が凝るので鍛えた方が良いです。