フリーランスには腕立て伏せがおすすめ

フリーランスはパソコンを使用する環境が基本です。そして今後もネットを中心にビジネスが動いていくので、パソコンは欠かせないでしょう。


そして、音声認証システムも発展しているのですが、ずっと話しているのも面倒ですし、現状は精度の問題からやはりタイピングで文字入力するのが一般的です。しかし、これには問題点があり、長時間続けていると肩が凝るということです。


あまり気にしている人は少ないのかもしれませんが、筋力の強い人は肩が凝りにくいです。

魅力的なエキサイトニュース情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

肩凝りの原因は筋肉痛なので当然と言えば当然でしょう。

そのため筋トレをするのが肩凝り解消の近道です。

一時的には筋肉痛になるのできついかもしれませんが、鍛えていくことがトータルお得でしょう。
姿勢の問題もあるので全身鍛えた方が良いのですが、特に必要なのが腕立て伏せです。
腕を広げる腕立て伏せがより肩凝りに効きます。
腕を広げることで体の後ろ側の肩甲骨あたりに負荷がかかります。

これはやってみればわかるのですが、鍛えられると同時に肩甲骨周りが伸びるので気持ちよさを感じます。



フリーランスは肩が凝ってモチベーションが下がったり、タイピングできなくなると困るので、このように筋トレをしておくと良いです。そして、タイピングが多いのにこの腕を広げた腕立て伏せができないとなると、フリーランスとしては焦った方が良いかもしれません。
これが一回もできないのであれば、タイピング量が少し増えたら方が凝るでしょう。